リュウマチって、お年寄りの病気だと勝手に考えていたけど違うんですよね。 若い人でも、プロスポーツの人もかかるんだって。 基本的なことを調べておきました。

スポンサードリンク

関節リウマチのための福祉制度

この頃は、関節リウマチという疾患を患っていても、日常生活を送りながら地域での医療が受けられるように、暮らしを支援するためのいろいろな福祉制度が定められていて、利用できるようになりました。
関節リウマチの治療をしている人がサービスを受けることができる福祉事業には、身体障害者に対応する制度、高齢者に対応する制度、難病患者に対応する制度といったものなどがあります。
まず、身体障害者に対応したサービスを受けるためには、身体障害者手帳を交付してもらわなければなりません。
身体障害者手帳を交付してもらうには、住んでいる地域の役所(福祉事務所)で申請用紙を貰い、必要な箇所を記入し、医療機関で診察してもらった診断書などと併せて、市町村役所に提出するのです。
そして、障害の度合い(1~6級)が認定されれば、約1~2ヶ月で障害者手帳が取得できるのです。

▲このページのトップへ

リウマチがぁ~っ(ーーメイメージ

携帯版のQRコード

リウマチがぁ~っ(ーーメ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://porcelainset.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。